So-net無料ブログ作成

嵐二宮和也さん吉永小百合息子役初共演? [映画]

嵐二宮和也さん吉永小百合息子役初共演?


ニノちゃんこと嵐二宮和也さんが
吉永小百合さんの息子役初共演の
お知らせが飛び込んできました



2014-12-17_212633.png



国民的人気映画『男はつらいよ』をはじめ、
『おとうと』『小さいおうち』などで知られる
山田洋次監督(83)が17日、都内で新作
『母と暮せば』の製作発表会見を行った。

主演は吉永小百合(69)が務めるほか、
息子役で嵐の二宮和也(31)が
山田監督作品に初出演する


この作品は、1948年8月9日の長崎が舞台。


終戦から70年となる2015年に公開される同作は、
1948年8月9日の長崎から物語がスタートする

助産婦として暮らす伸子(吉永さん)のもとに、
3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二
(二宮くん)が現れるという、

その日から伸子と浩二の奇妙だが幸せな時間が始まる
心温まるファンタジーです


吉永小百合さんは
「二宮さんと親子なので、」
「全国の二宮さんのファンの方に」
「にらまれそうですが」
「素敵な親子になりたいと思います」

と茶目っ気たっぷりに挨拶

吉永小百合さんがお母さんなんて
うらやましいです

二宮和也さん会見中に終始ぴんと背筋を伸ばしていて

「すごく緊張しています」
と声を張り、

「ずっと見てきたおふた方、」

「常に映画のなかにいる人達が目の前に飛び出てきた感覚。」

「ここに座っている意味を自分なりに問い詰めながら」

「いろんなものを吸収したい」と宣言。

「全国の吉永さんのファンににらまれないよう」

「私も気をつけたいです」

と笑いを誘った。

「僕自身、僕の世代や下の世代、」
「僕を応援してくれる人たちが作品に触れてくれることで、」

「戦争を風化させないようにするのが使命かなと思っています」

医大生であった浩二にはかつて町子(黒木華)という恋人がいた



相手役はとてもかわいい黒木華さんです

haru_2.jpg

http://www.nodamap.com/productions/omote/audition/引用


山田監督は

「僕はたくさんの映画を作ってきましたけれど、」

「この歳になってこういう企画に出会えるのは不思議な縁。」

「運命のようなものを感じています」

と話していた




2014-12-17_212731.png

『母と暮せば』は2015年春にクランクインし、12月12日に公開




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。